トップ / 趣味としての株式投資

趣味としての株式投資

企業の応援という趣味

まずは趣味として株式に馴染む

最近は景気が少し持ち直し始めていることもあり、株式投資が少々気になっているという人も多いでしょう。株式投資といっても配当狙いのものから優待狙いといった趣味の延長戦上のものから、先物で売買するようなハイリスク・ハイリターンのものまであります。最終的には利益を狙う投資ですから、「損しても良い」といった感覚で行うのは間違いかもしれませんが、お金に少々余裕がある人は、損しても気にならない、生活に大きなダメージを与えない金額から始めてみるのが良いでしょう。特に投資は運だけでは勝つことができません。経済知識や世界経済のことを知っていないと、ビギナーズラックだけでは勝ち続けることが難しいでです。自分の資産も大きくできる可能性もあるため、趣味としては考えても良いでしょう。

ボクシング

企業を応援するために株を購入

株式投資が趣味と言うとギャンブル的に思われる方も多いかもしれません。人間の生活において、給料でお金を得たり、物を購入するにも企業の存在が不可欠です。それらの企業の中から、なくなったら困るような企業や将来、有益な商品やサービスを開発してくれそうな企業を見つけだし、その企業の株を購入するのが趣味にしている人もいます。そのような人はあまり売却を考えない長期的な投資ですので、短期的に含み損が大きくなろうが、さほど気になりません。「木を見て、森を見ず」という言葉がありますが、「木を見ず、森を見る」ような投資といえるかもしれません。

↑PAGE TOP